裕子の気づきや育児など日常を綴っていきます。


by 裕子
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

再びマリア大聖堂へ

昨日は森ノ宮のマリア大聖堂へ行って参りました。


というのも、
2日前の夢に聖母マリアとイシス女神が出て来たのです。

私はどの宗教にも所属しておりませんが、
マリアは気になる存在なのか、気にさせられる存在なのか、
はたまたどちらもなのか、とにかくご縁があるのです。

その夢では、

「イシス女神が聖母マリアの原型だ」

と伝えて来ました。

何のために?
わかりません(笑)

本当にそれだけを伝えて来る夢だったんです。

その他のメッセージもビジョンもなしです。

はぁ、
そうですか。
・・・
終わり。

でも、気になったので森ノ宮のマリア大聖堂へ行って来ました。

そして一人静かに目を閉じてみました。

目を閉じるとビジョンやメッセージを受け取るタイプなので、メモ帳を片手に瞑想をしました。

すると、ある文字がイメージされてきます。

b0365954_11282045.jpg

上記には、
「木」「林」「森」の
三つの象形文字が記載されていますが、
私のイメージに出てきたのは一番上の「木」のみです。

その文字が「木」であることを知ったのは、調べたからです(^_^;)
小学校で習っているらしいですが、私は全く記憶にありません。

そして、その「木」の象形文字の意味を目を閉じて受け取ったのですが、
天からのエネルギー、力のエネルギーを受け取っている「人」を意味するとのこと。

生命の樹
という概念と類似している部分があるのかもしれません。

b0365954_15135610.jpg

人間は天からも力もエネルギーを受け取って、吸収して、蓄えて、
そして活動して発散しています。

受け取って、与える
循環する。

その循環がうまくいかないと身体に悪影響を及ぼします。

現代の人々は。
天から地からエネルギーを受け取っているけれど、吸収して、蓄えるだけ。
発散の場が少ないようです。

「思考」「感情」というエネルギーを受け取り、
それを表現、実行というエネルギー発散をしない。

そこには「自分は足りない」という思いが根底にあるからかもしれません。
愛が足りない、時間が足りない、お金が足りない、自信が足りない・・・

エネルギーの便秘状態。

東洋医学では気滞といいます。

周囲をコントロールし過ぎて、考え過ぎて、スムーズに出ていかない。
素直でない状態。

「よく思われよう」
「嫌われないようにしよう」
「調和を保とう」
「あの人はもっと良くなってくれたらいいのに」
すべてコントロールです。

それが先祖代々に渡って繰り返されてきて、人間のDNAに刻み込まれているということ。

私たちの身体には我慢の歴史が刻み込まれ、
誰かにコントロールされ、誰かをコントロールしてしまう。

本当は誰をもコントロールできないのに。

直観を信頼して、宇宙に委ねることを忘れてしまった、
不安でいっぱいな私たち。

身体に溜まった我慢、感情の解放をする。

解放することで、本来の循環を取り戻す。

私が治療家として活動する意義がそこにあるようです。

気滞を取り除き、スムーズにすること。

そして、本来の循環に戻すお手伝いをすること。

感情と身体との関係を伝えていくこと。


「イシス女神が聖母マリアの原型だ」

これを伝えてきた意味はまだわからないけれど、
きっと必要な時にわかると思います。


お読みいただきましてありがとうございました。

岡田侑子


[PR]
by waterlily-101 | 2016-07-08 15:24 | 日記