裕子の気づきや育児など日常を綴っていきます。


by 裕子
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

結婚に情はいらないの❤

結婚に情はいらない。


b0365954_11062715.jpg


まず前提として、

私たち73億人の世界中のすべての人々は、一枚の絵の中に存在しています。

その中の一人一人を自分と思って生きていますが、

本当の自分は、その絵を描いている画家の方なんです。

何となくわかりますか?

これが私のすべての感覚の前提にあります。

その視点から結婚に情はいらないと言わせていただきます。

私は若かりし頃から恋愛において、共依存という関係を作る方で、

可哀想だと思う人の傍に寄り添って生きてきました。

そうすることで、私が相手を可哀想だと思い励ますことで、
二人はどんどん好転してくイメージを持ち続けていました。

これが大きな間違いで、相手は私をどんどん必要として、
「こんな駄目な僕でも理解してくれる唯一の人」となっていきました。
そして相手はどんどん駄目のドツボに・・・

長年寄り添っても好転しないので、嫌気がさすことが多々あっても、
相手の良いところを見て、励まして、いつか必ず変わると信じていました。
そんなダメなお人よしでした。

恋愛でも結婚でも、もう「情」という愛は不要な時代になりました。

それは、お互いに足を引っ張り合う関係で、お互いのためにならないのです。

私はハッキリとそう伝えました。

私が輝くことで絵の中に輝きができます。
私が暗くいることで絵の中に暗さがでます。

どちらでも選ぶのは自分ですが、常に自分は全体の反映なのです。

常に全体に影響を及ぼしているのです。
一人ひとりが掛け替えのない存在です。

一人一人を分離させて考えるから、「情」に引っ張られるのですね。

私は全体であり、あなたも全体なのです。
だから自分を輝かせるための行為は、全体のためになります。
全体に貢献するのです。

暗い世の中を創造していきたい方は、自分を輝かせないでおきましょう。
でも、明るい世界を創造していきたい方は、自分が喜ぶ環境に身を置きましょう。

一人一人に尊厳があります。
自分を尊く扱うことで、周囲からも尊く扱われます。

自己卑下の強い日本人というDNA,女性というDNAから卒業しましょう。

自分に尊厳を取り戻すために、あなたが喜ぶこと、喜ぶものを与えてください。
できること、小さなことからでいいのです。

そして、みんなで光に満ち溢れた美しい絵を創造していきましょう。

b0365954_11065939.jpg

Love,
裕子




[PR]
by waterlily-101 | 2016-10-21 11:07 | 日記