裕子の気づきや育児など日常を綴っていきます。


by 裕子
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

いじめについての想い

いじめられているか、
そうではないか、

明らかな場合もあるけれど、

どちらかを決めるのは自分自身だったりする。

からかわれているのを、
ギャグと捉えるか、
いじめと捉えるか。

セクハラを、
嫌がらせと捉えるか、
コミュニケーションと捉えるか。

自尊心を持っていたら、
キッパリと判断して、
自分を大切にした表現をする。

自尊心がないと、
その場でどう反応していいのか困惑する。

自分が自分の嫌な部分も認めて、
それを否定しないでいたらいじめは起こり得ない。

自分のすべてを好きになる必要はなくて、
自分のこんなところは嫌いやねん。
そう認めればいい。

けれど、みんな弱いからそこを見ないふりをする。特に幼い子ほどに。

私もいじめやセクハラは数々経験してきました。

自分を尊重した返答をしてこれなかった。

ひたすら守りの態度をしました。

ブチ切れて激怒できた時も何度かあり、その経験は今思い出しても気分がいい。

私は幸い、
毎日いじめられたり、
毎日セクハラをされることはなかった。

被害者意識がなかったからだと思う。

被害者意識を自分に植え付けてしまったら、
ずっーといじめられる人になるんだろうね。

自分の内面が外側に現れるから。

だから、いじめられていると思う時は、
自分を批判しているとき。
そして周囲をも批判してもいるはず。

自分を愛するとは、
全部を好きになることとは違います。
嫌いな部分を認めて、変えようとか批判をせずに、
私にはこんな嫌な部分もあるねん!
と受け入れること。

完璧な人はいないし、凸凹があるから人は美しいのです。

人から変わっているところを指摘されて、
からかわれたと感じたら、

そうやねん!
変やろー。

と相手と同じ立場に立ってしまいましょう。

私はよくこの特徴のある声を真似されて笑われたものです。→知らない方は動画を見てください。「コロコロ療法 動画」で検索してね。

当時、私は私以上に特徴のある声を笑ってバカにしていました。わざとやってるんちゃう?
って。

今は笑われません。
笑われても、

そうやねん!
面白いやろ?
可愛いやろ♡

とか言っちゃいそう(笑)

自分の嫌いな部分は世のギフトです。
見ないふりをせずに、見つめてあげてください。
あなたの欠点があるから、助かっている人がいる。あなたの長所だけがギフトではないのです。

長所だけの人なんていません。
みんな誰でも短所がある。

あなたは強いから大丈夫。
短所を認めて、嫌いなところを認めて、
もっと強く、楽しくいきましょう。

Love,
裕子




[PR]
by waterlily-101 | 2016-12-27 07:00 | 日記 | Comments(0)