裕子の気づきや育児など日常を綴っていきます。


by 裕子
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2016年 04月 23日 ( 2 )

変わりたいあなたへ

b0365954_19181088.jpg


「変わらなくていい」

「そのままでいい」

そんな言葉をあちこちで見かけても、
どうしても自分のこととして思えない。

「私はできていない、十分でないから、
何とかしなければいけないの!!」

そう思う方、多いです。

私もそうでした。
(今も出来損ないですがそれで完璧だと思っています)

私が完璧なわけがないと思っていました。
今でもどの角度から見ても出来損ないとしか見えません(笑)
出来損ないで完璧なのです。

今までは人と比較していました。
比較を辞めたくても辞めれませんでした。

比較していると、いつまでたってもできていない自分が存在します。
足りないところばかりで、嫌なところだらけ。

本当の私はこんなはずじゃない。
もっとすごいはず!
とか思ったりすることもありました003.gif

比較を辞めようと思うとまた苦しいので、
それもそのままで、
浮かんでくる比較をしているという思考を歓迎します。
自然と浮かんできたものに対して拒否すると、その思考を捕まえてしまいます。

その思考自体、
ただの思考であって、
何の力も持っていないのですが、
そこに感情とタッグを組んで、
思考➕感情

となりパワーアップしていきます。

昨日のクライアント様も、

「変わらないといけない」

そのように信じていました。

何でそう思ってしまったのか、
どうして今のままではだめだと思うのか、
お話を伺ったところ、

人目を怖がっている自分は良くない。
と思ってらっしゃるとのこと。

その恐怖を手放したいと思われているようです。

恐怖は自然と出てくるもので、自分でコントロールできませんよね。

出てきたらいいんです。
怖くていいんです。
怖がりたいから出てくるんです。
直そうとせずに味わえばいいのです。

受け入れたら消えるかもしれないし、
消えないかもしれません。

それは自然に起こっているのだから仕方ないの。

身体からアプローチする私の視点からすると、感情は身体に溜まるので、
溜まった感情が解放される時に現れることがあります。

感情だけでは力がありません。
その感情を捕まえて離さないから力を持ってしまいます。

「私は怖がりたいのだね、
どうぞ怖がってください。」

「変わらなくていいよ、
辛いけれど認めるよ。」

どうぞそのままにしてあげてくださいね。

この方は怖がっている自分をすでに客観視できていたので、
すぐに感情に翻弄されている幻想の自分と切り離すことができると思います。

今まで自分に「大丈夫だよ。」と言ってあげられなかったんだって。

不安でいっぱいだったから。

言えないものは無理に言わなくていいんですよ。

「変えよう」

とするから不安や恐怖でいっぱいになります。

私もそうでした。

変えなきゃいけないと思い込んでいたから、すごく苦しかった。

でもね、駄目な私のままでよかったんです。

駄目なままで宇宙(自然)から許されていたんです。

そんな私を許していなかったのは自分だけだったんですよね。

涙ポロリと「楽になりました。」
と言っていただけましたが、一人になってからも楽なままでしょうかね。

気楽に生きて行かれる人がまた一人増えて行きますように。

お読みいただきましてありがとうございました。
岡田侑子




[PR]
by waterlily-101 | 2016-04-23 19:20 | 日記 | Comments(0)
b0365954_17004640.jpg


完全なるつぶやきです。


先月、
私は何も知らなかったんだ、
人類は何も知らないんだ。
概念ばかり記憶して知っているつもりになっていただけだったんやー。

ゆいまーるの待合室でぼっーとしていた時に、これを全身で感じて、
腑に落ちました。

それと同時に、
私は私の人生をコントロールしてなかったんや、抵抗せずに自然に身を委ねていたらよかったんや、
私だけでなく人類すべて。

どどーっと降ってきたのです。

そして同時に、時もなくなりました。
過去と未来がなくなりました。

この私にとって新しい感覚を確かめたくて、

大和田菜穂さん、
溝口あゆかさん、
じゅんころさん、
などの動画を見ました。

同じことを言っていました。

そして、集中できないのですがパラパラと本も読みました。
アジャシャンティさん、
エックハルト・トーレさん、
溝口あゆかさん。

私と同じことを言っていました(ちゃんと読んでいませんが)。

表現は違えども、みんな私と同じことを言っているという不思議な発見。

こういう世界を知らなかったし、
これからも勉強しようとは思えない私。

すごくすごくシンプルなことなのに、
頭では知っていたけれど、
なぜか今まで腑に落ちていなかったようなのです。

そして、いまだに多くの方が過去や未来に生きており、今に生きていないようなのです。

そして、さらなる不思議が、
こういうことを勉強されても腑に落ちないで長年修行されている方も大勢おられるようなのです(失礼な言い方でしたらごめんなさい)。

今に生きていると、

今を生きていない人がすぐにわかるんですね。

これもまた私にとって新しい感覚です。

自分は大したことなくて、ほんまに小さくて、
赤ちゃんみたいにあほになってん。

もう、見栄もプライドもありません。

今、アジャシャンティ著『大いなる恩寵に包まれて』という図書館で借りて来た本をパラパラ読みしていてつぶやきたくなった次第です。

あまりに私が阿呆らしくなったので、こやからはFacebookよりもこちらのブログだけで更新して参ります。

何で私はこんなことを書きたいのか?

それはすごくすごくシンプルで楽になったから、みなさんを道連れにしたいなぁという気持ちがあるのです。

セラピストとして長年悩みを聞いてきましたから、クライアント様に感染してもらえるといいなぁと。

まあ、理由は後付けなんですけどね(笑)

とにかく発信するという行動が出てくるので、
それに従っているまでです。

その行動に理由をつけるとしたらそういうことなのかと思います。

流れに乗るってこういうことだと思います♫

湧いてくるもの、湧いてくることに従うのみ。

理由はいらないのです♥︎

お読みいただきありがとうございました。

岡田侑子





[PR]
by waterlily-101 | 2016-04-23 16:21 | 日記 | Comments(2)