裕子の気づきや育児など日常を綴っていきます。


by 裕子
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2016年 05月 11日 ( 1 )

対人関係で疲れる人に

どうやら設置した「イイネ」はエキサイトに登録した人だけができるようですね、誰でもできるものではなくて残念です。

⚪︎⚪︎⚪︎

以前の私と矛盾することを言いますね!

混乱する方もいるかもしれませんし、
怒りが湧く人もいるかもしれません。

混乱…
それは古き考えを破壊する時に起こる現象なので歓迎してみてください。

混乱を歓迎し、怒りをも歓迎するのをおすすめします^ ^

b0365954_12225127.jpg


私は人との境界線を引かなくなりなりました。


そもそもみんな繋がっているのだから、切りようがないのですよ(^_^;)

「以前、侑子さんは人に影響されて疲れるなら、境界線を引けとすすめていたでしょう?」

そんな突っ込みが聞こえて来ます(笑)

その感覚は人と人が分離してると思っていたからこそ起こっていました。

でも、よくよくよーく見てみると、肉体は離れていてもすべて繋がっていました。

守るべき自分がいなかった。
だから誰かと境界線を引く必要などないのです。

みんな自分を守りたいんですよね。
何から守るのでしょうか?

傷つきたくないのですよね。
どうして傷つきたくないのでしょう?

でも、傷ついた人も傷ついている人もいないです。。。

意味がわからない?

思考を使った論理的な説明になってないので無理もないです(^_^;)

今の私はこの説明で納得しますが、思考で生きている人には通じません、少し前の私のように。


対人関係でマイペースを崩してしまうと疲れるんですよね。

でも、ありのままを受け入れあっていたら疲れないのです。
お互いを知り尽くした夫婦や友人など。

対人関係ではあなたを緊張させる人と、リラックスさせる人がいると思います。

目上の人や顧客だったりすると、合わせようと思うから疲れます。
マイペースでないから疲れます。

初対面の人も、相手によく思われようと思う時は疲れます。

後、自分を売り込んでくる人も疲れます。
助けて欲しいとか、助けてあげたいとか思っている人。
どちらとも誰でも完璧なのに「足りない」と思っている現れだから。

でも、合わせないでいたらどんな人といても疲れないのだと思います。

私は合わせるタイプなのでそこらへんわかりません(≧∇≦)
えへ♥︎

私は目上の人には敬意を払って合わせます。
これは私にとって自然現象です。

ふむふむとお話を聞いて、反抗いたしません。
(反抗したい時にはするけれど)

そしてその後に疲れます!!

でも、それでいいのだ。
って思っています。
合わせるというのは、相手を好きだということの現れでもあるから♥︎
合わせたい時には合わせる。
合わせたくない時には合わせない。

不思議なことに、誰かにお会いした瞬間に頭痛や腹痛が激しく起こることもあります。
その方を好き嫌い関係なく。

それも、その痛みを感じ切れば勝手に抜けて行きます。抵抗せず、責めません。
原因も考えません。
(相手の痛みを私の身体が教えてくれているように感じていますが想像に過ぎません。)

その時、その時を感じて、
流れに抵抗しない。

これに尽きます!

そして、自分はどうしたいかを素直に感じて行動する。

お塩や線香などで浄化したくなればするし、ヒーリングしたければする。

日々、人間も地球も環境すべて変化しているのだから、その時その時感じて動きます♫

調和を取りたい気持ちはきっと誰にでもあるけれど、
いつしかハートを閉ざして調和を取れなくなった人もいると思います。
いわゆる感じの悪い人、付き合いの悪い人。

そういう方も変わらなくていいし、そういう方を変えようとしなくてもいいんです。
そのままで完璧だから。

それで世の中が調和しているのかもしれないのです。

☆結論
①対人関係が疲れることに抵抗しない(そりゃ疲れるよー)
②嫌われるかもという恐怖に抵抗しない(嫌われたらイヤダね)
③自分も完璧、相手も完璧(私もあなたも生きているだけで丸儲け)
④相手を変えようとしない、自分が変わろうとしない(みんながそのままで完璧)
⑤疲れた時の対処法としてその時その時で思いついたことを行う(疲れてOK.受け止めて、対処する)


思考型の賢い人はムカついたかもしれませんね。
あほのつぶやきだと思ってご容赦くださいませ。

堪忍堪忍。

岡田侑子







[PR]
by waterlily-101 | 2016-05-11 13:44 | 日記