裕子の気づきや育児など日常を綴っていきます。


by 裕子
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2016年 05月 22日 ( 1 )

なんだかモヤモヤしていたので、その感情に対してどうぞどうぞと寄り添っていました♥︎
(気分は勝手に変わるので、変えようとしないことも大切だと思っています。)

一つの思わしくない出来事があると、
その出来事に感情がついてきます。

可哀想とか、
苦しいとか、
条件反射で引っ付いてくる。

時には自分を正当化するために、誰かを批判してみたりして。

人間ドラマは面白いですね。

b0365954_07301412.jpg

先日は、
上手に断る難しさに苦しんでみました。

お断りしたことで相手を不快にしてしまったのです^^;

相手に不快を与えずに断ることかできなかったのです。

やってしもうた^^;

「断る=受け入れてもらえなかった」

という図式が相手に生じるのだと思います。

そして出る行動は三つ。
1、相手を批判する。
2、自分を正当化する。
3、自分に似た人を褒め称える。

すべて結局同じこと。

みんな自分を認めたい。

受け入れて欲しい。

わかって欲しい。

愛されたいのです。

私も同じだから、相手の態度にモヤモヤしてしまうのです。

「相手に理解してもらえるように、上手に断れなかった!私をわかってもらえなかった!」って。

そして、自分を責めてみたり、相手の粗を探してみたり、まるでシーソーのように続きます。

「私のこういうところが悪かった。
でも、言葉に出せないニュアンスも汲み取って欲しかった。」
そんな思いがループするのですねー。
あちゃー^^;

そんな私を客観的に見ている自分がいる。

その自分はすべてを許している。

ただ見ているだけ。

こちらが真実の私。

あーだこーだと言っている私はドラマの役者でしかない。

だから、この役者に好きなように演技をさせてあげたらいいのです。

その他の役者のストーリーは考えなくていいのです。

この役者たちは、お互いに理解し合いたい、
お互いに受け入れ合いたいのですね。

それでも食い違いが生まれます。
それは言語によって生じます。

言葉で上手に表現し合えなかったから生じています。

言葉は便利であり、不便でもあります。

もどかしいですね。

いくら言葉巧みになっても、相手に伝わるかどうかは別問題ですから。

語彙の少ない子どもたちの方が、コミュニケーション力高かったりします^^;

今日も本音トークでした。
お読みいただきましてありがとうございました。

※フェイスブックとゆいまーるのアメブロでも宣伝しましたが、こちらにもリンク貼っておきますね!美顔コロコロ、「メリディアン美顔療法」始めました。コチラ
若返った私の写真をご覧ください。
b0365954_07334978.jpg

今、コロコロに夢中の
岡田侑子でした^ ^





[PR]
by waterlily-101 | 2016-05-22 07:31 | 日記 | Comments(0)