裕子の気づきや育児など日常を綴っていきます。


by 裕子
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:日記( 87 )

流行りことばに傷ついて

小学生の頃、
同級生の男の子に、
「はなくそ(私は鼻の下にほくろがあります♪)、しね!」
とか、
「いのき(受け口だったのです♪)、しね!」
とか言われていました。

気の強い私は負けずに言い返してました。
行動をとられれば、行動で返していました(^_^;)

中学生の頃は、
同級生の男の子に、
「ボインゴ(胸が大きかったの♪)!」
「出目金(目が大きいの♪)!」
とか大声で叫ばれてました。

思春期だったので、無視することもありましたが、
これまた気が強かったので言い返すこともありました。

高校生の頃は、
同級生の男の子にいじめられたりすることはなくまりましたが、
露出狂のおじさんや、電車で痴漢にあっていました。

大学生や社会人になってからも同じく、
それにプラスしてバイト先、職場などでセクハラを受けました。

男ってなんて不器用なのでしょうね~。

みなさん、
「僕のことを見て!」
って言いたいだけなのですよ。
素直にそう言えばいいのに、素直じゃないから言えないの。

これだけ男から嫌な思いを受けてきたというのに、
さんざん男性に恋してきたから不思議です。

でね、
うちの子も男なのですよ。

「死にたい」とか言ってくるの。

保育園でお友だちに言われるそうです。

「死にたい」も「死ね」も、
「僕のこと見て!僕つらいの!」
というアピールですよね。

でも、
息子はまだ5歳、
言われたから言ってみたかっただけ。

私は答えました。

私「お母さんが先に死ぬから、けんちゃん先に死んだらあかんで!」
って。

そしたら、
息子「それはだめやー!
お母さんがいなくなったらあかん!」
だって(笑)


私「お友達に言われて嫌やったなぁ。
けんちゃん、生まれてきてくれてありがとうなぁ。
お母さんはけんちゃんがいてくれるだけで、ほんまに幸せやでぇ。」

b0365954_10261889.jpg

保育園児の言う、
「死ね」はとてもエネルギーが軽いけれど、
そもそも重たい言霊の言葉なので、子ども同士も傷つきますよね。

これはハートのチャクラを形成している証拠です!
愛を育んでいるということ。

言葉で傷ついたハートは、まず言葉で癒してあげて、
身体にまで入ってしまった傷は、コロコロで毎晩癒しています。
(コロコロタイムはほんの5分でOK♪)

感情は身体に溜まるので、本当に、
お腹が痛くなったり、頭が痛くなったり、発熱したりします。

放っておくと病気になることもあるので、毎日親がケアしておきたいところです。

こんなこと言っていると、まるで私が出来の良い親のように聞こえるかもしれませんが、

最初にお伝えした通り、私に歯を向けてくる言葉を飛ばされると、

ブチ切れることも日常茶飯事です♪

「どの口が言ってるんじゃい!!」
って睨みをきかせて大声でいいます(笑)

(残念ながら私が怒っても怖くないらしい(^_^;))

大人になってからも身体に溜まった感情を解放するのは簡単です!

私ができたのだから、みなさんできます。

私はもちろん親が癒してくれるなんてことは一切なかったので、
昨年の5月からコロコロ療法を始めて、身体から感情が抜けたようで、
フットワークも軽く、
心も軽いです♪

お伝えしていく中で、誰でもできるということを確信しています。

ただし、続ければね♡

ゆいまーる∞裕子







[PR]
by waterlily-101 | 2017-02-14 10:29 | 日記

人生はオセロゲーム

今朝、いつものように息子を自転車に乗せて、保育園に送って来ました。

比較的暖かい日ではありますが、まだ2月なので手袋をしていても手が冷たい。

都会の最新の保育園って、園庭もなければ、プールもないのです。

息子の園は可愛げもない、無機質なオフィスビルの3つのフロアーを使ってます。

入り口もかわいい動物のイラストとかありません。

普通のオフィスビルで、長さ1メートルくらいの地味な看板に保育園名が書かれているだけです。
ちなみに、こちらにも動物の絵とか子どものイラストとかありません^^;

息子を送ってかはゆいまーるのマンションに戻り、
5階まで階段を昇っている時にふと思ったのです。
(マンションにエレベーターがないからではなく、普段引きこもりで運動不足なので階段をあえて使っています。)

そのように身体を動かすときや、コロコロ療法をしているときは、閃きが起こりやすいのです。

何が閃いたかというと、

私は子どもの頃から絵が苦手だと思っていました。

「私は絵が苦手」というネガティブなセルフイメージを持っていたのですが、

それってオセロみたいなものやん!!

という閃きです(^_^;)

b0365954_16460721.png

えーっと、わかるように説明すると、

「子どもの頃に絵が苦手だと思っていること=オセロの黒」

それはネガテイブなセルフイメージのことです。

幼少期にオセロの枠組み(外枠)を作るのだと気がついたのです。

つまり、人生の土台となるセルフイメージを幼少期に作るのです。

なのでオセロの枠組みが黒(ネガティブ)でいっぱいな人は、
土台が黒(ネガティブ)だから、中央に白(ポジティブ)を置いてもすぐに黒に変わっちゃう。

逆にオセロの枠組みが白(ポジティブ)でいっぱいな人は、土台が白(ポジティブ)だから、
中央に黒(ネガティブ)を置いても、すぐに白(ポジティブ)に変わっちゃう。

例えば、絵に苦手意識(黒)を持っている私は、「絵が上手だね。(白)」と例え言われても、
「いえいえたまたまです、本当は下手なんです。」って本気で黒に戻していました。
しかも、相手がお世辞で言っているとしか思えなかったりする。

こうやって幼少期の土台は、大人になってからも大いに影響しているのです(^_^;)

で、
「その土台が黒なら、生涯黒い人生なのか!」

と嘆きたくなった方もいるかもしれませんが(笑)

大丈夫です。安心してください。


なぜなら、思い込みのやり直しができるからです。

だって、オセロの牌は裏にひっくり返せますよね?

黒の裏には白があり、白の裏には黒があります。

実は、同時に白も黒も存在しているんです。

黒しか見えていなくても、真横から見ると下に白があるのが見えます。

人間もそれと同じで100%ブラックな人はいません。

「私は絵が下手です」って断言できても、
5歳の息子よりは絵が上手だったりします。

だから、
「世界中の誰よりも絵が下手です」とは断言できないのです。

つまり、
「私は絵が上手です」と塗り替えることが可能なのです。


それにはどうすればいいのでしょうか?

それは、
誰かに認めてもらうのでもなくて、
誰かに褒めてもらうのでもなくて、
苦手だと暴露して開き直るのでもなくて、


自分で、

「なんか、これもいいじゃん!」
「味が合っていいよ。」
「色がいい、優しい感じ、癒されるー!」
って自分で自分の頭を撫でてあげればいいのです。
オセロの牌が真っ黒ではないように、必ず誉める要素をあなたも持っているから。

誰かに評価されてついた自信は、誰かの手によって壊れます。

でも、自分で自分を評価したことは壊れないものなのです。
思い込みってやつね。
これが一番パワフル。

私が自分の絵を褒めることができたのは、まこりんのパステル和アートワークショップに参加して、
何度も何度も何度も自分の作品を褒めてきたから。

繰り返すことでオセロの枠組みの牌を白にできました。繰り返しは大切です♪

でね、
身体はもっと凄いんですよ!!

心の場合は、
幼少期の体験でオセロの枠組みが「白か黒か」決めていきますが、

身体の場合は、
オセロの枠組みは「絶対に白」って決まっているんです。

基礎は白なのです!!

それを自然治癒力といいます。

身体は良くなろう、良くなろうと勝手に治します。

治らないのは習慣や心が邪魔するから。

だから、
コロコロなどでいつも身体に目を向けて、
いつでも身体に従っていたら、
必然とベストコンディションになります。

身体はいつでもホワイト、
ブラックなのは心の方なのです(*^^*)

身体の声を聞きましょう。

ゆいまーる∞裕子

追伸♪
2/19(日)開催のまこりんのパステル和アートワークショップは、
あと1名さまの参加をお待ちしております❤️
http://ameblo.jp/yuimaru88happy/entry-12244906011.html



[PR]
by waterlily-101 | 2017-02-13 16:24 | 日記

自分らしさ

b0365954_13080962.jpg



自分探しをしていくと、

自分なんていないことに辿り着く。

自分らしさは無限にあるのだ。

そして自分らしさなんてないのだ。

自分が無になると、

閃きに従って瞬間瞬間で自分を生きるようになる。

自分という過去に作成しフィルターを介さずに、閃くままに行動する。

瞬間瞬間で色々なあなたがいて、

そこには無限の可能性があるから。

自分というものを、「こういうものだ」と決めつけていると、制限の中で生きることになる。

無限の可能性のある自由なあなたを生きませんか?

Love,
裕子






[PR]
by waterlily-101 | 2017-02-09 12:58 | 日記
以前の私は「占い」もしていたし、「天候操作」もしていました。

それはその時必要だったし、それによって助けられていました。

自分の役に立ったから、私は人にそれをすすめていました。

しかし、それが一転してしまったのです。

私には不必要になったのです。

だから、教えていた立場であったので変わったことを表明いたしました。


でもね、今それらを必要とする人もいると思うのです。

どちらが正しくて間違っているかじゃないのです。

どちらでもいいの。

どちらもいいの。

好きに選べばいいのです。

楽しめばいいのです。

私だって自由に楽しみますよ♪

b0365954_09465793.jpg
















以前にもお伝えしましたが。

私は、私たちの本当の姿は「無」であり、
肉体は「無」の願いで誕生した、「希望」なのだと体験しました。

肉体は「希望」であり、「無」の願望によって生まれた。

つまり、真我が身体を創造したのです。

ということになると、
私たちは生まれてきただけで願いが叶っている。
私たちは生きているだけで願いが叶っているのです。

生きているだけで幸せなんです。

私たちはすでに願望成就しているのです。

これ以上に何の望みがありますでしょうか?

え?いっぱいある?

そうですよね~(笑)


不満があるから願いがあるわけじゃないですか。

願いがあるということは不満があるのです。

それ、操作されてますよ~!!
足りないあなたを助長させられてます。

テレビ、マスコミ、常識となり、刷り込まれています。
DNAからも。

弱小ブログなのでぶっちゃけましたけれど(笑)


それでね、
自我から解放されると、それらコントロールから解放されるのです。

「私たち、生きているだけで願いが叶っちゃってる♡」
「みんな生きているだけで幸せ♡」

そう腑に落ちていると、世の中に流されずにいられるのです。

真我で生きるワクワクの世界なのです。

それをね、伝えたいという閃きが起こって、
巻き込みたいということが閃いて、

岡田裕子という端末に閃くことをそのまま綴っております。

支離滅裂かもしれませんが、この軽いエネルギーを感じていただけたら幸いです。

いつもありがとうございます。

Love,
裕子









[PR]
by waterlily-101 | 2017-02-09 10:17 | 日記

私を生きるブログです。

このブログは、私が閃いたときに、閃くままに書いています。

一日に何回も書くこともあれば、まったく書かないこともある。

「岡田裕子を生きるブログ」です(笑)

なので、どう見られているか?

という周囲の目を気にすることはなしにしています。

でもね、自分のブログを開いて投稿一覧を見てみたら、「女神カーリー」のことばかりが

続いていてぞーっとしました(笑)女神カーリーのイラストが続いているし(^_^;)

いやいや、そんな客観的な視点は気にせずに、

今は女神カーリー漬けなありのままの私で懲りずに書いて参りますよ。

集客も一切気にしていません。集まれ、おいでとか全く思っていません。

閃いたことをそのまま書いているだけです。

自我を放り投げて、閃きだけで生きると決めましたから。

「自他共に喜びの中で豊かに生きる」

これが私の軸にあります。

この軸を天地につき刺したら、後は閃きに従って今を生きるだけです。


そこで、前置きが長くなりましたが本題に入ります、

最近(昨年の11月頃から)、神社でお参りをした後にくらくらしませんか?

眩暈に似た感じです。

くらくらして、視界が見えにくくなり、その後パーッと晴れます。

どこの神社でも同じではなくて、一番衝撃だったのは、

十日戎の堀川戎をお参りした時です。

よく足を運ぶ大阪天満宮では毎回なります。

自我を浄化して、天地を繋いでくれているように感じています。


そこでね、一番言いたいのはこれからなのですが、

女神カーリーのヒーリングをした時も同じ感覚になるのです。

神社ここにありき!

っていう感じ♪

うん、うん、これだよ。

これを広めたいんだね。

いつでも自我なく、天地と繋がっている状態でいること。

いつでもね。

正確に言えば肉体があるから自我は出てくるのですが、
それに翻弄されずに観察している意識にフォーカスして生きることです。

いつでも。

どんなときも。

私も絶賛レッスン中です♪

至福のレッスンです♪

苦行ではありません。

「きゃっほー!」という楽しさではありませんが、じんわり堪能する楽しさです。

今までは檻の中で生きていたのが、

羽ばたいて自由に生きている感覚です。

一緒に神化して参りましょうね♡

Love,
裕子




[PR]
by waterlily-101 | 2017-02-08 10:23 | 日記
昨夜、背中を刺された夢を見ました。

妹の恋人に刺されました。
(実際の私には妹はおりません)

私が邪魔で二人は一緒になれない、

だから私は邪魔な存在。

そのような状況のようでした。

妹と一緒にいたところを、後ろから妹の彼氏に刺されました。

妹は驚いていましたが、私を助けることなく「仕方がない」という眼差しでした。

・・・・

人類の歴史では、
人間というものは、人を刺したり、刺されたりしてきました。

その中で、

嫌われてはだめ、
妬まれてはだめ、
邪魔になってはだめ、
目立ってはだめ、

だって殺されるかもしれないから。

そんな条件反射をDNAに植え付けました。



もういらないでしょう?

私はそのDNAを手放すことにいたします。

自分の中に、
人の中に、
神性を見出していたら、

どこに恐怖がありますでしょうか。

それはDNAパターンであって、現在は必要のない恐怖です。

命を守ることに必死にしがみついて、
命を信頼する姿ではありません。

昨日の「占い」についての記事をアップすることは、「私」にとって勇気がいるものでした。
*天候操作についての記事も「私」とって勇気がいりました。こちらは共感してくださる方がお二人出現いたしました。

反感を買うかもしれないという思いがあったので、そんな夢を見たのかもしれません。

私たちのDNAプログラムに、そのような恐れがあることを見せてくれる良い機会になりました。

今朝、女神カーリーのヒーリングでクリアリングしました。


私たちは愛の存在です。

それを体験するために「愛ではないもの」を創造しました。

「愛(善)」と「愛ではないもの(悪)」二元の世界を創りました。

これからの時代は、

愛も愛でもないものも、愛なのだ。

という非二元の時代です。

Love,
裕子










[PR]
by waterlily-101 | 2017-02-08 10:00 | 日記

占いについて

以下、占いを批判しているものではありません。
私の素直な体験を描いており、私の知人、友人の多くが占いをしているか、受けている方です。
尊敬する気持ちは変わっておりません。

「良い」を追いかけると、「悪い」を創造する。

例えば、


「良い行い」を褒めると、「悪い行い」が創造される。

「掃除ができて偉いね。」→「汚くして偉くないね。」

自分が「良いね」と口にするたびに、その裏に「悪いね」が創造されるのです。

「良いこと」「良いもの」「良いエネルギー」
を追いかけると、「悪いこと」「悪いもの」「悪いエネルギー」に苦しむのです。



「吉方位」を取ると、「凶方位」が創造される。

「良い方位でお水を飲めた。良い方位のエネルギーがゲットできた。」
これは悪い方位が存在することを強める。「凶」に対する恐怖が助長される。



こうした善悪は誰が作ったのか?

神様?

いえいえ、
神意識を忘れた人間である私たちです。

占いはすべて神意識を忘れた人間が創造したもの。

「私を救ってください。」
「私を繁栄させるようにしてください。」
という全体と切り離されていると勘違いした意識が作ったもの。

私は占いが苦手なのに、

占いに惹かれて、

占ってもらうよりも、学んでみました。

幼い頃、
私の願いは「世界平和」でした。

神社で願うことは「世界に争いごとがなくなって、みんなが平和になること。」
でした。

それがいつしか、
私の繁栄を願うようになりました。
私の成功を望むようになりました。

スピリチュアルと出会い、占いを学ぶようになりました。

個人的な願望の成就は素晴らしいことです。

しかし、これを望めるのは全体との分離があるから。

「自分が成功して、みんなの役に立つ」
だからまず自分のことを考えてみました。

これも苦しみを生みました。





「みんなのために、まず自分が成功しよう。」

そう思っていた時も苦しみを生んだのです。

なぜ苦しむのか?

それはエゴからの願望だったから。

みんなと自分が切り離されている時点で、この発想もエゴから起こることだったのです。

エゴは苦しみを創造します。

感情の影響を受けて振り回されます。



いつまでも苦しみと共にいたいですか?

いつまでもあなたは単なる人間だと思いたいですか?


そろそろエゴから解放されて、本来の姿を思い出しませんか?


Love,
裕子



[PR]
by waterlily-101 | 2017-02-07 10:38 | 日記
震災後にトラウマを抱えている子どもたちがたくさんいるのでは?

そんな動機で作成したコロコロの動画を、

昨日から3日間フェイスブックにて有料広告をしてもらっています。

熊本限定です。

一日半で観ていただいた方が15名です。

興味をもたれないのですよぉ。。。

ドーン。。。

世のお母様たちは、

トラウマ解消よりも、英才教育とかに興味があるのでしょうか?

豊かな心よりも、優秀な子かな。

コロコロで勉強がはかどるに決まっているので、

そちらをメインにしてコロコロさんを活躍させてあげようかしら?

育脳にもなって、心も穏やかであれたら最高ですよね。

でもそういう大人のコントロールが、子どもにとってのプレッシャーになるのですけどね(^_^;)

子どもの勉強のためなら時間もお金も使えるけれど、
病気でもなければ健康には時間もお金も使えないのですね~。
*ちなみにコロコロはお金がほとんどかかりませんが、時間は毎日5分必要です。

大人もそうですものね。

スキルアップに投資しても、
健康への投資は少ないでしょ??

私たちは、身体が御身体だっていうことを忘れていますからね。。。

大人になって体調不良になって、ようやく大切なことだって気が付く。

そこでやっと、お金も時間も費やせるようになる。

遅い!!

母親が自分の身体に目を向けていないのだから、
子どもに御身体の大切さを伝えられるわけがないのです。

だから、まず先に大人に伝えよう!

という流れになってワークショップが大人対象となっているのです。

でも、やっぱり並行して子どもにも伝わって欲しい。

そう思ってしまったので、その瞬間に広告を出しちゃいました(^_^;)

まったく思考は使っておりません。

閃いて即行動ですから。

震災でトラウマを持った子どもたちが、大人になってから自分でトラウマを解消すればいいのですが、

今すぐに身体からトラウマを抜く方法があるのに、しかも一番身近な親御さんがしてあげれるのになぁって。

伝わらないことにもどかしく思いますが、それはそれで必然なのでよしとします◎

私は私の身の丈にあったできることをしました。

これからも閃きに従って行動していきます。



こちらの動画です。

良かったら育児中の方や、必要な方にお伝えくださいね。

最後に、フェイスブックでシェアしてくださった方、「いいね」して応援してくださった方、
とてもその優しさが励みになっております。ありがとうございます。

Love,
裕子

[PR]
by waterlily-101 | 2017-02-05 14:54 | 日記

私の思う豊かさ

この記事が読みたくなって探してみました。

「経済的ギリギリから見えてきたこと」
http://yukookada.exblog.jp/25707274/

やっぱりいいわぁ♡
って自分で言うのはNGですね(^_^;)

その頃(ちょうど一年前)から、お金は物質でなくエネルギーとして使うようになりました。

留めておくと腐敗し、愛として流せば、愛として入ってくる。
そうしましたらますます循環が良くなって巡っています。

今月は超暇だったけれど、愛するものにお金を使い続けました。
自我の部分ではね、来月の支払いがチラつくのです。
でも、お金と仲良くなったので根底で信頼しているんです。
不安は表面、根底は安心なのです。


私は好きな物、応援している物にほぼお金を使っています。
身体のためにお金をよく使います。身体にはお世話になりっぱなしだから。
それから、誰から買うかも大切にしています。
(安いから買う行為は自分を安売りしていることになるし、
お金の奴隷になってしまうよ)

その方のエネルギーをいただくことになるから♡

「買わせていただいてありがとうございます。」
という気持ちでお金と物を交換しています。

今は見栄やプライド由来の物質欲があまりないので、
「持ち物はスーツケース一つに入るだけ」というのが憧れだったりします。

大好きな物が少しあればいいのです。

適当な物は買いたくない、
尚かつ、
ショッピングに行かない。

というWの特質を持つ私はあまり服や物を買いません。

限界が来てから、
「そろそろ新しいものをお迎えする時期だな」
と感じて新しい物を迎えます。

限界と感じるレベルが夫よりも遥かに早いのですが(^_^;)

見栄ではなく、純粋にファッションが好きな人は服などが増えちゃうのでしょうね~。

誰かと比較することなく、本人の快適さが一番ですよね。

質素も良し、華やかもよし!

私は私の快適な物に囲まれて過ごします♡

見栄でなく、プライドでなく、
あなたが本当に好きな物だけに囲まれて過ごしましょう♪

好きな物は購入後も大好きなまま変わらないものです。

購入して満足して、その後見向きもしないものは、「欠乏感」から買っていますよ。

身体を労わって、欠乏感を解放してあげてくださいね!



Love,
裕子






[PR]
by waterlily-101 | 2017-01-31 14:23 | 日記

天候操作を辞めました

天候操作・・・

「明日、天気になーれ♪」

というあれです。

「これから外出するから晴れてください。」

そんな願いを持っていませんか?

私は最近は謙虚な感じで、
「もし、宇宙に差しさわりがないようであれば晴れにしていただけると助かります。」
とお願いしていました。

しかし、数年前までは、
「私が外に出るときは絶対晴れにしろやー!」
みたいな傲慢な態度でした(^_^;)

こういう天候操作ってつまり、宇宙操作なんですね。

先日、メンターから
「天候操作は辞めてくださいね。
私さえよければいいという傲慢な態度ですから。
後からつけがきますよ。
雨でも晴れでも曇りでも、何でも良い日だ。
そう思ってください。」

そう言われてはっとしたんです!!

最近は多少なりとも宇宙に対して謙虚になっていたけれど、
でもお願いしていたから。

メンターが言うようにつけもあったように思います。
産後の弱っている1年間、外出時には雨がとても多かったのです。
宇宙に命令し続けた3年後くらいです。

宇宙が与えてくれた雨に対して、自我が辞めてくれって指示した。
その想いが叶って晴れになる。

「私が外出するときは晴れる」
という思い込みや、設定も同じこと。

雨が嫌だという考えに基づくから。

雨でもいいんです。
濡れるから嫌だなって思うけれど、地球は私たちのものではないですから、
地球の、自然の思うままに受け止めるしかないのです。

だから、どんな時でも強く晴れを願わないことにしました。
必要な天候を宇宙が与えてくれているから。

「雨が上がって喜んでいたら、それは天候操作をした現れ。」
だそうです。晴れを望んで雨を忌み嫌う。その想いが無意識に晴れを願っている。

それから、電車の席の確保とか、
駐車スペースの確保とか、
そういうことも同じなんですね。

「私のために駐車スペースを空けておいてください。」
と願うことは、

「自分さえよければいい。」
ということですよね。

お天気に関しては超上から目線でオーダーしていた私ですが、
こちらは至って謙虚な姿勢でしたv(*^_^*)v

私が満員電車に座れるということは、座れない人がいる。
私が人気の駐車場にとめれたら、停められない人がいる。
そうリアルに感じていたから。

「座る必要のある人がみんな座って、それでも空いていたら私も座りたいです。」
って思ってた。それでもオーダーしてるかな。
「身体の不自由な人が駐車場の便利なところに停められますように。
それでも空いていたら私も停めたいです。」
という感じでした。

我先という思いではないけれど、オーダーしていました。

オーダーする必要さえないと今は感じています。

以前の私のように、
「私が外出するときはいつも晴れなの。」
「私は晴れ女なの。」
と自慢げに言っている人を見たら、自我が強い人ですよ!!

え、あなたも??
(笑)

私もそうだったから、あなたもそうかもね(笑)

宇宙をコントロールしない。

従うのみです。

自我が強い人はすごく抵抗感を感じる内容だったでしょうね。

自分でコントロールしたいですものね。

思い通りに生きたいですものね。

自我を拡大させるスピリチュアルには気を付けましょう。

真我で生きるスピリチュアルは自我にはつまらなく感じることでしょう。

自分と同じように他人も愛する。
他人と同じように自分も愛する。
そこに上下関係はありません。
丸く繋がっているから。
だってみんな一つだから。

Love,
裕子



[PR]
by waterlily-101 | 2017-01-30 11:31 | 日記