裕子の気づきや育児など日常を綴っていきます。


by 裕子
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2016年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

「変」が人間の標準装備

私は今まで普通の人に会ったことがありません。

あなたは普通の人ですか?

あなたは変な人ですか?

多分、両方とも持ち合わせているのではないのでしょうか?

何を基準にして普通というのかわかりませんが、恐らく自分の中にある定規が基準なのでしょうね。

私は自分のことを変な人だと思っています。
そして、出会う人すべても変な人だと思っています。

何をして変というのか?

変の反対が普通なのでしょうか。

私の中では、
変=普通
です(笑)

変=ユニーク
です。

ユニークでない人などいません。
個性的でない人などいません。

表現するか、しないかの違いだけだと思います。

素直に表現する人が変と思われて、
素直に表現しない人が普通と思われる。

そんな気がしています。

みんな変だから、自分が変だと思っている人は安心してください♥︎

みんな変です!!

その、

「変」

という気持ちは曖昧なもので、

変の中にどんな感情がありますか?

優越感もあれば劣等感もあると思います。

みんなと違う特別意識、
相手を理解したいのに理解できないもどかしさ、
みんなの輪に入れない孤独感などなど。

色々な感情があると思うのです。

大切なのはそこですよね。

自分や他人を変だと思うその感情は、どこから来るのか。

自分か他人を見下していないか。

どちらも見つめると消えていきますから。

きっと孤独感に行き着くのかな。

受け入れて欲しい気持ち、
分離した不安に。

みんなひとりであって、
ひとりじゃないのに。

あなたは私であり、
私はあなたであるのに。

そこがわからない。

頭では分かっていても、相手と自分は違うものだと思ってしまう。

だって見た目違うし。

実際に違う肉体だから。

この肉体を見ている意識こそが真実の自分なのにそれがわからない。

意識が真実の自分だったら、一体化しないわけにはいかない。自分と思っている人を見ている意識が自分だと知ったら、すべての存在になってしまうのだから。

でも、見えている世界を体験したくて肉体を持っているのだから、この幻想世界がとっても大切なんですよね。

目に見えている世界こそが全てだと思っていた方がドラマを楽しめるのだから。

人生をクールに眺めていたのではつまらないし、結末を知っていたのでは見る価値が半減してしまうもの。

b0365954_09390328.jpg

話しはそれましたが、

みんな変ですよー!

見てください、息子のこのファッションセンス(笑)彼の中ではこれがカッコイイらしいです。

ということが今日言いたかったことです(笑)

「変」が人間の標準装備です♥︎

岡田侑子





[PR]
by waterlily-101 | 2016-05-31 09:09 | 日記
なんだかモヤモヤしていたので、その感情に対してどうぞどうぞと寄り添っていました♥︎
(気分は勝手に変わるので、変えようとしないことも大切だと思っています。)

一つの思わしくない出来事があると、
その出来事に感情がついてきます。

可哀想とか、
苦しいとか、
条件反射で引っ付いてくる。

時には自分を正当化するために、誰かを批判してみたりして。

人間ドラマは面白いですね。

b0365954_07301412.jpg

先日は、
上手に断る難しさに苦しんでみました。

お断りしたことで相手を不快にしてしまったのです^^;

相手に不快を与えずに断ることかできなかったのです。

やってしもうた^^;

「断る=受け入れてもらえなかった」

という図式が相手に生じるのだと思います。

そして出る行動は三つ。
1、相手を批判する。
2、自分を正当化する。
3、自分に似た人を褒め称える。

すべて結局同じこと。

みんな自分を認めたい。

受け入れて欲しい。

わかって欲しい。

愛されたいのです。

私も同じだから、相手の態度にモヤモヤしてしまうのです。

「相手に理解してもらえるように、上手に断れなかった!私をわかってもらえなかった!」って。

そして、自分を責めてみたり、相手の粗を探してみたり、まるでシーソーのように続きます。

「私のこういうところが悪かった。
でも、言葉に出せないニュアンスも汲み取って欲しかった。」
そんな思いがループするのですねー。
あちゃー^^;

そんな私を客観的に見ている自分がいる。

その自分はすべてを許している。

ただ見ているだけ。

こちらが真実の私。

あーだこーだと言っている私はドラマの役者でしかない。

だから、この役者に好きなように演技をさせてあげたらいいのです。

その他の役者のストーリーは考えなくていいのです。

この役者たちは、お互いに理解し合いたい、
お互いに受け入れ合いたいのですね。

それでも食い違いが生まれます。
それは言語によって生じます。

言葉で上手に表現し合えなかったから生じています。

言葉は便利であり、不便でもあります。

もどかしいですね。

いくら言葉巧みになっても、相手に伝わるかどうかは別問題ですから。

語彙の少ない子どもたちの方が、コミュニケーション力高かったりします^^;

今日も本音トークでした。
お読みいただきましてありがとうございました。

※フェイスブックとゆいまーるのアメブロでも宣伝しましたが、こちらにもリンク貼っておきますね!美顔コロコロ、「メリディアン美顔療法」始めました。コチラ
若返った私の写真をご覧ください。
b0365954_07334978.jpg

今、コロコロに夢中の
岡田侑子でした^ ^





[PR]
by waterlily-101 | 2016-05-22 07:31 | 日記


昨日のクライアントさんとの話題♪

覚醒体験やら、悟り体験やらを得た人が、

人から支持されて、先生やグルみたいになり、

悟った人と悟ってない人で分離する。

そして「悟った私」が「見えている人」、「わかっている人」、と思ってしまうので、上から目線でアドバイスと言う名の指図をする。


焦らせてみたり、追い詰めてみたり…

それをいとも美しく演じて行うのです。

えー?!

と思う。

真実は「無」だった。

ということを悟ったのに、

悟っていない人の存在を認めていません?

これは自分自身に対する戒めでもあります。
きっと私が陥りやすい罠なのでしょう。

なぜかというと私はそういう人に反応するのです。
モヤモヤを感じるのです。

誰かを崇めない、そして誰かに崇められない。
誰かのことを凄いと褒めた時に、その反対のことをけなしていることを忘れずにいたいものです。


フェイスブックやアメブロをザーッと見ていてね、
どなたかの記事に「うひゃ!」って感情が動くときは自分がブレているときなんですね。

すべての記事を穏やかに興味深く見れているときは、本当の自分でいるときです。

「他人を見る目」これが私のバロメーターです。

最近はそういう「自分を神にしてしまった人」に対して違和感、ムズムズ感を感じました。

私は先生とかグルとかが苦手なようです(笑)
多分これは、生まれてくる前に何か色々とあったのかな。
もしかすると過去で「私は神」に祭り上げていたのかも!
実はこれ夢や瞑想で何度も出てきています(^_^;)
真実を確かめることはできないので空想ですが。

人間は所詮、人間やねん!
自我は一生消えないし、消す必要もないねん!

だから、今までどんなことであっても誰かを長期に渡り師事してきたことがないのかもしれません。

そして、私は色々と指導しているくせに先生になりたくないのです(笑)
授業後は先生でいたくないのです。

b0365954_13362805.jpg


悟りとかちょっと深めていきたいなって思っていたけれど、

なんだかまたどうでもよくなってきた私がいま~す。

「私はいない」ではなくて、

「私はいる」でいいよね~って。

私の自我はもうお腹いっぱいで、正直なところどうなりたいという願望もありません。

だって、今のままで十分なんだもん♪

今の人生に不平不満が一つもないのです。

財産もないし、友達も少ないし、周囲に自然も少ないけれど、

それでも満たされてるのです。

きっと、自己啓発とかコンサルとかしている人にとっては、つまらない人ですよ。

欲望がなかったら、自己啓発もコンサルもいらないですから。

世の中、私みたいな人ばかりだったらつまらないから、色々な人がいるから楽しいです!!

あと、「自分が正しいと思っているんでしょ?」
ということについてですが、

私は自分を受容しているだけであって、私は正しいと思っていません。

そして、間違っているとも思っていません。

駄目な自分を受容しています。

駄目なあなたも受容しています(笑)

だから、お会いしていれば衝突しません。

会話があれば衝突しません。

例え理解し合えなくても、受容しています。

だから、「自分を神と勘違いしている人」ももちろん受容しています。

好きです。大好きです。

本音をぶちまけていたら、取り留めのない文章になってしまいました(^_^;)

あー、書いてスッキリした!

お読みいただいて感謝です♡

岡田侑子





[PR]
by waterlily-101 | 2016-05-19 13:38 | 日記

ハナヘナその後

2週間前にヘナ(ハナヘナ)をしていただいてから、私の身体に驚くべき変化がありました。

なんと、この2週間体臭がありませんでした。
(夫に臭いを嗅がせたので夫の同意済み)

嬉しい~♡

これからまた復活するのではないかと思っています。

そして、髪の毛は艶やかでしっとりしています。
トリートメント効果抜群、2週間しっかり持続しています。

しかし・・・

頭皮がベタベタなんですよ(^_^;)
どうやら毎日、頭皮からデトックスが行われているようです。
湯シャン(お湯のみで洗髪する)で過ごしてみたかったのですが、ベタベタ過ぎるのでほぼ毎日石鹸シャンプーか天然系シャンプーで洗髪しています。
あえて洗うのを辞める日もあるのですが、すると頭皮の脂が固まってポロポロしてくるんです~!!

体臭が復活すると共に、頭皮のデトックスは終わるのでしょうか?
初めてのことなのでどうなるのかワクワクします♪

ヘナはデトックス作用があるようで、検索してみたら色々と出てきました。
体臭がなくなったという人もいました!!
私だけじゃないようです^^

髪の毛がパサつく人や切れ毛が多い人、体臭が気になる人は一度試してみるといいかもしれません。
自分でもできます!

私も次回は自分でやってみたいです^ ^

1,2か月に一回のペースで良いようなので、ずぼらな私でもできるかも♡

ちなみに、流通しているヘナは不純物が混ざっている製品が多いそうです。
私にヘナをしてくださった美容師さんは、唯一ハナヘナのみをおすすめしていました。

下記にサイトを貼っておきましたが、それとは別にアマゾンでも購入できますよ!

カラーも色々あるみたいです^^
私は白髪染めではなくトリートメントとして行っているのでナチュラル(オレンジ)を使用しました。
白髪が多い方はナチュラルでは明るくなりすぎてしまうかも。藍が入ったものが自然な黒(グレー)を演出してくれるそうです。

ハナヘナ

b0365954_09510226.jpg


写真は上記のサイトからお借りしました。

岡田侑子






[PR]
by waterlily-101 | 2016-05-18 09:53 | 日記

本日、ノンデュアリティ(非二元)の溝口あゆかさんの

ノンデュアリティの癒しのカフェに参加してきました^^

論理的な見解でお話してくださるので、とても分かりやすくて楽しかったです♡

「分かったと思っているだけで、実はすごく勘違いしているかもしれない!」

それが大きな収穫でした♪
目がキラキラしているのか、視界が明るい^^

b0365954_19144177.jpg



ノンデュアリティとは、今風の「さとり」のことです。
10年ほど前?から欧米で流行っているそうです。
もともとはインドのヒンズー教のヴェーダという書物にある「アドヴァイタ(二つでない)」
という言葉がルーツだそうです。

日本では昨年から「私はいない」で広まっているようです。

間違っているかもしれないけれど、私が理解している範囲で説明させてもらうと・・・

私たちが自分だと思っている肉体、感情などと(見られている側・客体)、
それを観察している意識(見ている側・主体)がある。

それが二つに分かれていない、二つにあらず。
つまり非二元なのですね。

主体と客体が分かれていない。
同一である。
両方共に存在している。


今、私が目の前にいるあなたに向かって、

「あなたはそこにいますか?」
と聞いたとしましょう。


誰しも
当たり前に「はい。」と答えますよね。

その自分がいるということを意識している「観察している意識」のことを、
「観察している意識」とか「空」とか「無」とか「それ」とかの言葉で表現されています。

主体と客体が分かれていない。
同一である。

色即是空 空即是色なり。

終わり。

ノンデュアリティというのは、
ただ、これだけなんです(笑)
とってもシンプル♪

肉体、感情、思考に引っ張られ過ぎて、主体を忘れてしまっている私たち。
先祖代々忘れてきているので教えてくれる人がいないものね、忘れていて当たり前。

詳しくは
溝口あゆか著『こころがスーッと軽くなる「さとり」セラピー』
をご覧ください。
*amazonで検索すると電子書籍がトップに来るのでご注意ください。

私はチラリと10分くらい??
「観察している意識」こそ本当の私だ(私という所有概念はありませんが)。
という経験をしたので感覚が分かります。

これを一瞥体験(いちべつ)というようです。

私には「私」というエゴがあります。
全く苦しみはなくなりましたし、迷いもなくなりましたが、
「私」というエゴは存在していますし、それは消えるものではありません。

エゴがいても何一つ困ることがないので、そのままエゴを放任しています^^

だから、一瞥体験がなくても頭で理解していても同じだなって思うのです!

主体と客体が二つでないということ、
観察している意識があるということ。

これをどれだけ思い出すか、その思い出しレベルで生き方の楽さが変わってくるのではないかと
私は思っています。

岡田侑子




[PR]
by waterlily-101 | 2016-05-15 19:15 | 日記

特別や奇跡について

特別の履き違えをしてきました。

奇跡の勘違いをしてきました。

特別な人になりたい
少しそう思っている傾向がありました。

人と変わっていることで特別になってみたり、
奇跡を披露することで特別だと思ってみたり。

人と人が分離した存在だと思っていたから、個性を出さないと埋れてしまうのではと思っていました。

自営業をしていると集客のためには個性や売りを出そう、差別化しようと言うのを耳にします。

みんなどんどん経済的に豊かになったらいいと思います。それはさて置き、

うーん。

そもそも生きているだけで奇跡です。
命を頂いているだけで奇跡です。

究極の奇跡。

美味しいと味覚を感じることも奇跡です。
見えること、聞こえること、触ること、温かいと感じること、
すべてが奇跡です。

まったく当たり前ではない。

植物が種をから発芽して成長し、花が開いて実をつけること、
すごい、すごい、すごい!!

種からイチゴができるなんて、
トマトができるなんて、
カボチャができるなんて、
それを美味しいと感じるなんて、

奇跡やわぁ!!

この成長過程を人間の理屈では説明できません。

今日が晴れだということも、
一昨日雨が降っていたことも、
奇跡です。

生きているだけで、
日々感動することで溢れています。

それが、未来のことや過去のことで頭がいっぱいになっていると気がつけない。

今、
これでもかー!!
というくらいにギフトを与えられているのに。

満たされているのに、
思考は「足りない」と勘違してしまう。

それも、過去や未来に生きているから。

過去も未来も脳内にしか存在しないのです。
目の前にあるのは常に「いま」です。

いまを生きると常に感動することで溢れてきます。

人間も地球もすごく面白い。

飽きません、退屈しません。

日々すべてが変化しているから面白い。

b0365954_07183586.jpg


岡田侑子





[PR]
by waterlily-101 | 2016-05-14 06:53 | 日記

対人関係で疲れる人に

どうやら設置した「イイネ」はエキサイトに登録した人だけができるようですね、誰でもできるものではなくて残念です。

⚪︎⚪︎⚪︎

以前の私と矛盾することを言いますね!

混乱する方もいるかもしれませんし、
怒りが湧く人もいるかもしれません。

混乱…
それは古き考えを破壊する時に起こる現象なので歓迎してみてください。

混乱を歓迎し、怒りをも歓迎するのをおすすめします^ ^

b0365954_12225127.jpg


私は人との境界線を引かなくなりなりました。


そもそもみんな繋がっているのだから、切りようがないのですよ(^_^;)

「以前、侑子さんは人に影響されて疲れるなら、境界線を引けとすすめていたでしょう?」

そんな突っ込みが聞こえて来ます(笑)

その感覚は人と人が分離してると思っていたからこそ起こっていました。

でも、よくよくよーく見てみると、肉体は離れていてもすべて繋がっていました。

守るべき自分がいなかった。
だから誰かと境界線を引く必要などないのです。

みんな自分を守りたいんですよね。
何から守るのでしょうか?

傷つきたくないのですよね。
どうして傷つきたくないのでしょう?

でも、傷ついた人も傷ついている人もいないです。。。

意味がわからない?

思考を使った論理的な説明になってないので無理もないです(^_^;)

今の私はこの説明で納得しますが、思考で生きている人には通じません、少し前の私のように。


対人関係でマイペースを崩してしまうと疲れるんですよね。

でも、ありのままを受け入れあっていたら疲れないのです。
お互いを知り尽くした夫婦や友人など。

対人関係ではあなたを緊張させる人と、リラックスさせる人がいると思います。

目上の人や顧客だったりすると、合わせようと思うから疲れます。
マイペースでないから疲れます。

初対面の人も、相手によく思われようと思う時は疲れます。

後、自分を売り込んでくる人も疲れます。
助けて欲しいとか、助けてあげたいとか思っている人。
どちらとも誰でも完璧なのに「足りない」と思っている現れだから。

でも、合わせないでいたらどんな人といても疲れないのだと思います。

私は合わせるタイプなのでそこらへんわかりません(≧∇≦)
えへ♥︎

私は目上の人には敬意を払って合わせます。
これは私にとって自然現象です。

ふむふむとお話を聞いて、反抗いたしません。
(反抗したい時にはするけれど)

そしてその後に疲れます!!

でも、それでいいのだ。
って思っています。
合わせるというのは、相手を好きだということの現れでもあるから♥︎
合わせたい時には合わせる。
合わせたくない時には合わせない。

不思議なことに、誰かにお会いした瞬間に頭痛や腹痛が激しく起こることもあります。
その方を好き嫌い関係なく。

それも、その痛みを感じ切れば勝手に抜けて行きます。抵抗せず、責めません。
原因も考えません。
(相手の痛みを私の身体が教えてくれているように感じていますが想像に過ぎません。)

その時、その時を感じて、
流れに抵抗しない。

これに尽きます!

そして、自分はどうしたいかを素直に感じて行動する。

お塩や線香などで浄化したくなればするし、ヒーリングしたければする。

日々、人間も地球も環境すべて変化しているのだから、その時その時感じて動きます♫

調和を取りたい気持ちはきっと誰にでもあるけれど、
いつしかハートを閉ざして調和を取れなくなった人もいると思います。
いわゆる感じの悪い人、付き合いの悪い人。

そういう方も変わらなくていいし、そういう方を変えようとしなくてもいいんです。
そのままで完璧だから。

それで世の中が調和しているのかもしれないのです。

☆結論
①対人関係が疲れることに抵抗しない(そりゃ疲れるよー)
②嫌われるかもという恐怖に抵抗しない(嫌われたらイヤダね)
③自分も完璧、相手も完璧(私もあなたも生きているだけで丸儲け)
④相手を変えようとしない、自分が変わろうとしない(みんながそのままで完璧)
⑤疲れた時の対処法としてその時その時で思いついたことを行う(疲れてOK.受け止めて、対処する)


思考型の賢い人はムカついたかもしれませんね。
あほのつぶやきだと思ってご容赦くださいませ。

堪忍堪忍。

岡田侑子







[PR]
by waterlily-101 | 2016-05-11 13:44 | 日記

わたし駄目な主婦です。

「いいね」ボタンの設定方法を教えていただいたので、ブログの一番下に付きました^ ^


「いいね」と思った時に押していただけると励みになりま〜す♫

コメントもできますので、言いたいことがあれば何でもシェアしてくださいね^ ^


最近、

「やらなければいけない」

という義務がなくなったので、母親らしくないし、妻らしくない私です。

私がやりたいことをやっている方が、家族も自然とまとまっている気がします。

疲れたら相手をせずに寝てます。
そして、放っておいてくれるようになりました。ある程度、息子が成長したからかもしれませんが。

掃除も料理も適当です。

掃除は好きなので結構やるほうだと思います。散らかる物すべてを捨てたいくらいです。一人暮らしだったら何も物がないかも。

料理はそもそも粗食です。ご飯と吸い物と漬物に関しては(あとカレーやおでんも)こだわって作ります。それ以外は作るのが面倒なのです。

昨日、マレーシアのジャングルで出会ったお友だちが家まで遊びに来てくれたのに、結局おもてなし料理を作ることが億劫になりレストランへ行きました(^_^;)

私がゴロゴロ寝転がりながら、「料理作られへんから、レストランの予約してもいい?」と夫に聞いてもすんなりオッケーでした。

彼の母親も私の母親も料理をサッと作るのが得意なんですよ。だから、夫はそういう妻像を保持したい様子を見受けます。
私って駄目な主婦なんです♫
ごめんねー。
笑って認めます^ ^
だってできないんだもーん。

誰かと一緒に料理するのは好きなんですけどね(お手伝いする側が好き、あくまでサブです)、一人ではようやりません。

以前の私は料理頑張っていました。夫の好きなものを中心に作っていました。
自分が何を好きなのかわからない、忘れるくらいに。。。
でもね、よく考えてみると義母も母も自分の好きなものを作って来た人なんですよ。
たまには子どものリクエストに応えてくれる時もありましたが。
夫も自分の好きな物しか作れません。

だから、私は粗食を作り続けます~。

ちなみに、「わたしは駄目な主婦です」と言っていたますが、私は自分を卑下していません。
駄目なままで受け止めています。
自分の欠点を許すと、他人の欠点も許せます。
許し合って協力できたら素敵です♡

b0365954_09355266.jpg


マレーシアの特産品
ナマコグッズが3点(オイル、石鹸、クッキー)、スパソルト、紅茶、バージンココナツオイル

彼女のお気に入りグッズをいただきました^ ^

ナマコは再生力が強いので、傷や火傷に良いそうです。マレーシアのナマコは大人気で入手困難になりつつあり、タイやインドネシア産のナマコが代用されていることもあるとか。

彼女は旅行会社を始めるらいしので、来年マレーシアに行きたいなぁ♥︎

マレーシアは自然豊かで、人も穏やかで、治安もわりと良くて、果物も美味しいのでおすすめですよ。

岡田侑子





[PR]
by waterlily-101 | 2016-05-09 09:24 | 日記

湯シャン、ネヘナ???

昨日、面白い美容師さんに出会いました♡

自営業なので先々の予約ができなくて、時間ができたその日に美容院の予約をするというのがいつものパターンです。

先週、クライアント様から「ヘナ専門の美容室へ通っている」というキーワードをいただいて、白髪はないもののヘナを試してみたくなりネットで近場を検索してその美容師さんに出会いました。

1か月後まで予約でいっぱいなのに、なぜかその日だけ空いている枠があります♡
どうやら直前にキャンセルが出たらしいのですね。
私のためですね(笑)

その美容師さんと髪の毛をシャンプーで洗うようになった歴史についてのお話をしました。
シャンプーって大昔からないですよね?
歴史は浅くて1950年代って言ってたかな。
「週に一度はシャンプーで髪を洗いましょう」って謳い文句だったそうです。

実は私も10年程前に考えたことがあって、シャンプーがない時代の人は何で頭を洗っていたのだろうかと。
シャンプーなんて現代に開発されたものだから、きっと何か別のものがあったはずだと。
結局、塩に行きついて全身を塩で洗っていました。2年くらい続けていたかしら。

化学物質は子どもの頃から苦手でして、極力自然なものを私の身体は好むのです(野性的なんです)。

その美容師さんはシャンプーはいらないと言っていました。
洗髪はお湯だけで十分で、しかも週に1度しか洗わないそうです。
その美容師さんにとっての快適な頻度だそうです。
すごくかわいくてオシャレな女性なのでビックリしましたー!!

もちろん身体もお湯のみで洗うそうですよ。彼女は12年間その生活のようです。
それで快適なら楽ですね~♪

人それぞれに洗髪する頻度は違ってよくて、その方が最も快適に過ごせる頻度を見つけるといいようですよ。
お客さんの中には月に一回しか洗髪しない人もおられるそう。

塩で洗っていた当時はベトベトで気持ち悪かったのですが、塩も要らなくてお湯だけで良かったのかな。

体臭は食べ物の影響を受けているそうで、臭いが気になるようなら食べ物も見直してみると良いそうです。

シャンプーもリンスも石鹸も要らなかったら経済的ですよね!
何かしらの洗浄剤使うのが当たり前でしたが、使わないことが快適なのかどうか実験してみます。
とはいうもののおすすめの石鹸シャンプーとリンスを購入してきたので、たまに使ってみたいと思います♡

b0365954_16441156.jpg

b0365954_16250940.jpg
写真大きすぎ(^_^;)小さくならへんのかな。。。
今回は「ハナヘナ」と「ハイライト」を入れて髪に優しいカラーリングをしてもらいました。
予約殺到の美容室なのでリンクはあえて貼らないようにします。私に直接お尋ねくださいネ。

せめて彼女おすすめのグッズだけでもご紹介させてもらいます。
ゼノア石鹸シャンプー
moonsoap
ハナヘナ

ちなみにタイトルの「ネヘナ」とは寝ている間にヘナをすることだそうです。
頭がスーッとするので夏場に良いかもしれません。
「湯シャン」はお湯で洗髪することだそうです。


岡田侑子






[PR]
by waterlily-101 | 2016-05-06 16:44 | 日記

毎日のように訪れてくださりありがとうございます。


先週はありがたいことにたくさんのお仕事をいただきまして、ブログの更新がままならない状態でした。忙しいときもあるのよー。
そして、そのまま昨日と一昨日に休暇をいただきました。

いつまた感情と一体化したドラマの状態に戻るのかと、毎日自分を観察していますが今のところ空っぽ状態が続いています。

1年前は一週間程度の持続でしたが、今回はもうすぐで2ヶ月でしょうか。

当たり前の日常に静かな感動があります。

当たり前のことなんて本当はなかったということが腑に落ちました(知識としてはすでに知っていました)。

こうしてブログを書いているのも奇跡で、読んでくださる人がいるのも奇跡です。

毎日、誰かと会うのも奇跡で、朝陽を見ることも奇跡なのです。

当たり前だと思っていた自分が傲慢だったと思います。

私たちは毎瞬これでもかというほどのギフトを与えられているんです。

毎瞬毎瞬が奇跡で、奇跡の連続で生き続けているのです。

人類がどうしてこの奇跡に感動しなくなってしまったのでしょうか?

過去や未来に捉われて今を生きていないからなのでしょうね。過去のことで思考がいっぱいではないですか?未来を漠然と不安に思っていませんか?

b0365954_22145762.jpg


植物の美しさや香り、
食べものの美味しさや食感、
日光の暖かさや肌に当たる感覚

これらを感じられることすべてがギフトです。

今までは、重病の人が治ったり、大金が舞い込んだり、有名人に偶然遭遇することなどが奇跡であり、感動することだと思っていました。

でも、五感のうちどれか一つでも感じられることでさえ奇跡で、生きているだけで奇跡なんですね。

そして、誰かと出会えるだけでギフトです。
共に過ごさせていただけるだけで素晴らしく、
生きているだけで素晴らしい。
言葉もいらないくらいです。
でも、会話をするのも楽しいので湧いてくれば言葉にしています。

最近は本当にお話をさせていただく機会が多くなり、わたしは口数は少ない方ですが湧いてくるものをそのまま伝えさせていただいています。

私も皆さんもそのままで完璧で、そのままで美しいのですね。
ありのままを受け入れると人間関係でのストレスがなくなるようです。

変わる必要のある人もいなければ、
変える必要のある人もいない。

自分が正しいと相手に認めさせる必要なんてまったくない。

矛盾しているように感じるかもしれませんが、
そのまま、ありのままを受け入れていると、楽な方向へ風が吹き始めていくのです。

季節が変わるように、人間も変化し続けることが自然なんですね。

変化していくのが自然なのに、何かに執着するから変われない。

今までは、特に家族や近しい人ほど変えて欲しいところが山積みでした。

こんなところがなければいいのになぁ。
ここが変わると付き合いやすいのに。

変えよう、変わってもらおうと思っていました。わかってもらおうと思っていました。

でも、うぎゃー!
とびっくりするほどの行動を取る人でも完璧なんですね(^_^;)

大阪のおばちゃんにはそれはもう何度も驚かされたことか。

以前はいちいち戸惑っていましたが、相手を丸ごと認めるとただただ愛おしくて、今では爆笑して終わりです。

相手から見たら、私が変であります。
常識なんて自分の頭にあるだけで、よく見て探していくと存在しません。
みんな基準は自分だから、常識も人によって違います。
誰でも自分が中心で世間を見ています。

大阪に住んでいると、同じ日本国内でも異文化交流を楽しめます。

郷に従って楽しんでいますので、私もすっかり大阪のおばちゃんですね(^_-)

b0365954_22473292.jpg


おおきに。

岡田侑子



[PR]
by waterlily-101 | 2016-05-03 22:06 | 日記