「ほっ」と。キャンペーン

裕子の気づきや育児など日常を綴っていきます。


by 裕子
カレンダー

<   2016年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

最近の私、ちょっとおかしい?

めまぐるしく感情が動いていて、俯瞰して見ているととても面白いのです。

色々なやりたいことをやり尽くして、波乱万丈の方が、

「人生楽しかった!」

て最後に言えるのかもしれない。

そう思いました。


b0365954_16251166.jpg

昔から占いをしてもらうとね、

「波乱万丈な人生で大変ですね。苦労してますね。」
とか言われるので占いが嫌いでした。

というのも、波乱万丈が嫌いだったんですね。
平穏で安定した人生を求めていたんです。

でもね、喜怒哀楽という感情をたくさん味わえるから波乱万丈もいいんじゃない❤

「何もない静かな人生でした。」と神様にご報告するよりも、「もおー、いっぱい色んなことがあってね、人間も地球も最高でしたー!」とご報告する方がわたしらしい(笑)
そんな風に思えるようになりました(-_^)

苦しみだって、悲しみだって、
泣いてしまえば、後は笑うしかないのです。

感情を味わったら、後は笑うしかないのです。

だから私はいつも笑っています。

味わって、味わって、味わったら、笑います。

すると笑いの神様がプレゼントをくれるのです。

たくさんの笑顔になるスイッチを与えてくれます。

b0365954_16280132.jpg

今ね、見ないようにしていた蓋がパカッと開いて、
悲しみがどどどーっとやってきたました。

同じことを何度も繰り返しているわたしに気が付いたんです(^_^;)

もういい加減に逃げずに、しっかりと見つめていくことにしました。

大転換期になりそうです❤

より進化して参ります!

Love,
岡田侑子


[PR]
by waterlily-101 | 2016-09-27 16:28 | 日記 | Comments(0)
自分を観察するほど面白いことはない

たぶん、みんなそうですよね?

色んな感情や思考やビジョンがやってきて、

ほえー!

と面白がっています。

すべてが私であり、
すべてが私ではないのです。

だから、どんな思いがやってきても、
罪悪感を持つ必要はなく、反対に褒める必要もないのです。

起こるべくして起こっているから。

罪悪感で思い出したのですが、
自分を許していないと、生きるのが大変です。

ノンジャッジメントで生きたいのなら、
許していない=過去に執着している
状態では無理です。

自分を許していない気持ち、
誰かを許していない気持ちに執着していると、
自然の流れ、宇宙の流れに乗れないのです。

以前の私がそうだったからよーくわかります。

自分を許さない=宇宙をコントロールしている

つまり、宇宙の流れに従わずにコントロールすることになるので、苦しみが生まれるのですね。

許さないことは不自然なこと。

大和田菜穂さんの言葉で言えば、許さないことはナチュラルじゃないんです。

本当のあなたは、すべてを許しているんです。
それが自然の姿。

昨日は満月でしたね。

執着を手放して、楽に生きましよう☆

b0365954_16390856.jpg
昨日、出会った美人さん♥︎
クローバーの花です^ ^

Love,
岡田侑子



[PR]
by waterlily-101 | 2016-09-18 16:29 | 日記 | Comments(0)

いつも変化と共にある

b0365954_10425329.jpg

大きな感情とアイデアがやって来ました。

今までにない発想だったので驚いていると共に、大切にしていこうと思います。

誕生日の2週間前なので、おおき変化の時期がやって来たのかな。

ハートに従って新しい道へと歩んで参ります。

ハートに素直になることが、

きっと自分にも、

周りの人にも幸せになる道だから。

大きな変化をする時は、きっと被害を受けたと思う方もいると思うんです。

でも、
そのハートに忠実であるというその勇気は、
周りのみんなに幸せをもたらしてくれる。

そう心から思っています。

ワクワク、

ドキドキ。

Love,
岡田侑子






[PR]
by waterlily-101 | 2016-09-15 10:34 | 日記 | Comments(0)
10年ほど前に、ホオポノポノの4つの言葉をチャレンジしていたことがあります。

ごめんなさい
許してください
愛してます
ありがとう

当時は、
ごめんなさい
許してください

この二つの言葉は波動が下がる気がして、

愛しています
ありがとう

この二つを中心に言っていたように思います。

そして、大して何も得られること、気づきもなく、辞めて行きました。

b0365954_09560115.jpg

先月、「詫びる」ことの重要性に気がついて、
詫びると言えば、ホオポノポノだなと思い出したのです。

10年前の当時は、
自分を正当化したくて、
誰かに認めて欲しかった。
そして自我が強かったです。

「自分は何も間違っていません!!」

そう思いたかったのかな♥︎

今の心境の変化は、
分離のない世界が真実だと腑に落ちたのでね、

すべて私が悪いです、
ごめんなさい、許してください。

と心底思えます。

ヒトラーもトランプもマザーテレサもダライラマも、
わたしなんです。

全てがわたしの現れ。

だから、
ごめんなさいも、
許してくださいも、
ありがとうも、
愛していますも、

無限に限りなくあります。
全身全霊を込めてこの言葉が出てくるようになりました。

だから、
目の前の人が苦しんでいても、
テレビの向こうの人が苦しんでいても、
わたしのせい。

そして、
目の前の人が喜んでいても、
テレビの向こうの人が喜んでいても、
わたしのお陰。

自我的な視点ももちろん分かるので、
わざわざ、テレビの向こうの人に、
「私のせいでごめんなさい。」
「私のお陰で幸せでよかったね。」
とか言いに行きませんけどね!

ある出来事を誰かのせいにすること、それ自体がおかしなことと思っています。

「全部、自分の責任だなんて気が重いんですけど!」

そう思う方もいると思いますが、

自分はいないんですよ。

自分=すべて
なので個人的に捉えなくていいのです♥︎

余計に分からなくなった?

上手く説明できてませんねー。
この記事は何度か書き直してみます!

あはは。

Love,
岡田侑子





[PR]
by waterlily-101 | 2016-09-14 09:27 | 日記 | Comments(0)

重ね煮を続けて10年

「重ね煮」ってご存知ですか?


かれこれ10年前に、北浜にある正食協会へ、
マクロビオティック料理を習いに一年間通っていました。

鍼灸の施術と共に、食べ物の指導もできたら良いなと思っていたのです。

その習った中で一番重宝しているのが、
「重ね煮」なんです。

重ね煮とは、野菜と塩をお鍋に入れてコトコト弱火で煮込んでいく料理方法です。

野菜の旨みを引き出してとても美味しいのですよ(*^^*)

煮た物に味を付けて、色々な料理に応用できます。

味噌汁にしたり、スープにしたり、
カレー、スパゲッティソースなどに。

b0365954_12123076.jpg

先日は基本の野菜(玉ねぎ、人参、椎茸)で味噌汁を作りました。

野菜から旨味がしっかり出るのでダシいらずです。

先月から登録したメルマガ、船越康弘さんのwara塾

登録すると動画を観れるのですが、そこで代替療法師のvanillaさんが、
重ね煮の素晴らしさを語っておられます。

エネルギーがフローする食べ物だって♡
つまり身体の巡りを良くしてくれるものです。

作り方はこのページが詳しいです。
コチラ

私も簡単なことならレッスンできますので、ご興味のある方がおられたら、
重ね煮のランチ会とかしても楽しそうです^^

Love,
岡田侑子


[PR]
by waterlily-101 | 2016-09-13 15:02 | 日記 | Comments(0)

b0365954_10502799.jpg


昨日は4回?くらいフェイスブックを投稿してしまいました(^_^;)

そういう時って、迷惑だろうな~って思うのです。
迷惑掛けてもいいのだけれど。。。

でも「いいね」が少ないから、
フェイスブックに投稿は遠慮しておくことにします。

ブログだったら見たい人だけが見に来たらいいし、
私の応援団(?)しか訪ねてきません♡

投稿が多い方が喜んでもらえる♡
え?違う??

でも、読みたい記事だけ読んでもらえますものね。

それでね、インスタも始めてみたのだけれど、
あんまり?かな。。。

ということで、
やはりこちらのブログにちょっとしたことでも呟いていこうと思います。

呟きならツイッターがいいのでしょうか?
あちらもよく???わからないのです。。。

1ヶ月間試しに、フェイスブックよりもこちらのブログの投稿を増やして参りますので、
どうぞよろしくお願いします。

※写真は先日のまこりんのパステル和みアートワークショップにて作成しました^ ^

次回は10/15(土)に開催いたします。
Love,
岡田侑子



[PR]
by waterlily-101 | 2016-09-12 10:53 | お知らせ | Comments(0)

大神神社を訪ねて

先日、大橋和さんのお誘いで大神神社へ行って参りました。


b0365954_14073574.jpg


快晴の中、大神神社の御山を皆で静かに登りました。

それぞれが感じながら、じっくりと味わって。

私も内側と対話しながら、様々な気づきをいただきました。

最近、浮上して来た深い深い深いところにある、男性への恐れ。
この恐れは私のものではなくて集合意識によるものです。

現世では父も祖父も心から私を愛して、大切に育ててくださったので、
男性への恐れなんてないのですね。

でも私たちは皆、女性という性を意識しだした瞬間に、性のカルマを受け取ります。

先週末に参加した恩送りフェスタで、
白鳥哲監督もタイムリーに「女性へのお詫び」のためのお祈りをしてくださいました。

きっと今、この世界に必要とされているキーワードなのでしょうね。

受け取ることは女性性、
与えること、行動することは男性性。

b0365954_14081505.jpg

私は静かに行動できても、発言することが怖かったのですね。

いざ表現すると、ぶっきらぼうで言葉足らずになってしまったりして^^;
10あるうちの1しか言えないのです。

これも男性への恐怖から来るものなのだと気づきました。

そして謎の羞恥心がありました。
これは日本人女性独特の恥じらいなのかと思われます。

この恐怖も羞恥心も私のものではないのです。

過去世や集合無意識のものなのですね。

そんなことを感じていたら、

「私を辞めますか?あなたにはその覚悟がありますか?」
というメッセージがやってきました。

「私」という自我があるから、集合無意識を私のものだと受け取る。

「私」という分離があるから、恥も恐怖もあるのだと。

b0365954_14085133.jpg

恥も恐怖も私の元にやってきては、去りゆくもの。
「私」という他との分離が強すぎるから、恥や恐怖などの感情と一体になってしまうのです。

「私」辞めます。

と実は反射的に答えていました(笑)

とうやら岡田侑子は「私」を辞めると大神神社にて誓ったようです。

後ほど頭を使って考えてみますと、
どちらでも良いという答えになります。
「私」を辞めても辞めなくても。

天のお望みのままにお任せいたします♥︎

そしてね、気づいただけで、
その羞恥心や恐れがまたやってきた時には、
選ぶことができるのです。

感情と一体になりますか?
辞めますか?

その選択肢が浮上した瞬間に、起こっている出来事や感情(いわゆる人間ドラマ)
を俯瞰することができます。

ますます面白い展開になっています。

b0365954_14093045.jpg

大神神社から帰宅するなり、
私の声が強くなっていることに気がつきました。

この肉体が、男性性を許して受け入れることができたのかもしれません♪

発言することも楽しみ、
無言でいることもますます楽しくなっております♪

b0365954_14180433.jpg

和さんの気づきも素晴らしいので、ブログを訪れてみてくださいませ。
ふんわり、優しく、美しい文章で心が洗われます。
和さんは広い範囲で周波数を変えて波動を読まれる方で、
その精鋭なセンサーで皆さんを目覚めへと導いておられます。
目覚めて生きるためのサロン

Love,
岡田侑子















[PR]
by waterlily-101 | 2016-09-11 13:13 | 日記 | Comments(0)

またもやご無沙汰です。


今朝、コロコロ(ローラー鍼)でセルフケアをしていて、
湧いてきた例えのメッセージです。

b0365954_13090189.jpg

みんな同じ子宮の中にいるみたいなもの。

その中の一人を

「わたし」

だと認識するけれど、

本当は、

母体が

「わたし」

胎内の一人が私なのではなく、

胎内にあるすべてが

「わたし」

あの人も、
この人も、
森も動物も海も空気も

わたしなのです。

決してお互いが切り離されていません。

色々な経験をしたいから、

色々な人や環境をつくった。

だから、誰をも羨む必要はないのです。

みんな

わたし

だから。

責めることも、
後悔もいらないの、

でもそれをしたい人はするのです。
責めと後悔を経験してみたかったのです。

でも、

本当のわたしは母体であると気がつくと、

楽しいことだけを選べるようになるのです。

快適なことを選んでも、
苦しんでもいいのだから。

いや、
苦しみさえ、
楽しみになってしまうというのかな。

「苦しみたいんだね。」
「はい、どうぞ。」

そう自分に言った瞬間に苦しめなくなるから。

でも、本当の自分が母体側なのだとなかなかわからないのですね。

だって胎内にいたら母体は見えないから。

子宮をくまなく探しても見えないのです。
全体は見えない。
当たり前過ぎて見えない。

面白い例えでしょ!!

ズキュンと来てくれる人がおられたら、アメブロにも投稿します。

皆様の反応をお待ちしております^^

Love,
岡田侑子


[PR]
by waterlily-101 | 2016-09-06 06:16 | 日記 | Comments(0)